メールアドレス /パスワード    ユーザー新規登録 パスワード再発行

 >   >  調子の悪い時の過ごし方

当事者だからこそ、伝えたい思いはある。

リカバリーJAPAN 2017年6月正式オープン


[PR]遂に到来!肉も魚も食べるダイエット/ライザップ

調子の悪い時の過ごし方



調子が良いときは、誰だって良いパフォーマンスを見せる。

 

問題は、常に調子が良いなんてことはない。

調子が良いときもあれば、悪いときもある。

 

双極性障害という病気は、調子の良いときと悪いときの差が凄く激しい病気。

この病気と向き合うことは、当然調子の悪いときをどう乗り切るか?難しい課題である。

 

乗り切り方は気合いや根性で乗り切る、理屈で乗り切る、逆にペースを落とすなどいろいろアプローチがあるのだが、最近はペースを落として余裕を作ることで乗り切ろうとしています。

 

無理して乗り切るってことは、当然反動が出る。

その瞬間は乗り切れても、当然大きなスランプが待っている。

そして双極性障害2型となれば、調子の悪いときのほうが多い。

劇的に変わる薬なんてないから、良いときと同じパフォーマンスは求めず、とにかく最小限のパフォーマンスで乗り切ることのほうが、凄く重要に思える。

 

普通で良いんですよね。むしろちょっと悪いぐらいで良いぐらい。

 

今年は調子の悪い日が続いているのですが、悪いなりに最低限生きていれば、そのうち良くなるだろう。

今は辛抱ですが、マイペースに過ごそうと思います。

前:お風呂にラジオ  次:思い




公式Twitter